テニスコーチ・技術 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/12/18 15:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
tankyujyukuさん

2位
ヤマネコさん
  • 情報提供8の字スイング テニスブログ Nice Serveヤマネコさんのプロフィール
  • 8の字スイングについてみなさんは8の字スイングや8の字運動をご存知でしょうか?サーブに限った話ではないのですが、ラケットを振り回すことに慣れていないと、スイングがどこかギクシャクしてしまいます。どうやったらスムーズにスイングできるのか?そんなとき、練習で行うのが8の字スイングです。グリップはコンチネンタルグリップで進めます。(サーブの基本なので)手首はグニャグニャにしないで、ラケットの慣性で手首が動くく

3位
kubojoさん
  • 情報提供構えを変えないように 窪田テニス教室kubojoさんのプロフィール
  • フォアハンドで、遠いボールを打たれた時に、構えが浅くなる人が多いです。特に中級以下のレベルに多い。(ここでの「構え」とは身体がコート右向きになることです)この原因は、遠くに(右方向)打たれた瞬間、ボールのほうにラケットを持っていこうとすることです。ボールのほうにラケットを近づけたい気持ちはわかるのですが、移動する前に右腕をボールのほうに持っていくと、身体はネット方向に向こうとします。試しに、ネット
4位 kubojoさん
  • 情報提供円のスイングを教えるコーチは読んでください 窪田テニス教室kubojoさんのプロフィール
  • ストロークでラケットを大きく回して打つ人がいます。フォアの場合、相手がフォア側に打った瞬間、身体は素早くコートに対して右向きになる。このときラケットは身体に対して前側に止めて、バックスイングを完了させないで待機。ボールがバウンドすると同時に、ラケットは上方向から円を描いて打球する。打球前、ラケットはかなり振り落とされるので、ボールは順回転になる。この動きを「ラケットや右腕の重みを利用して打つ」と説
5位 kubojoさん
  • 情報提供何を改善したいのかわからない 窪田テニス教室kubojoさんのプロフィール
  • 昨日動画サイトを見ていると、猫背改善を専門をしているジムが紹介されていました。会員はトレーナーの指導をマンツーマンで受けています。その内容を見ていましたが、納得できませんでした。背筋を伸ばす矯正で「頭を上に引っ張られている感じで背骨を伸ばして下さい」と指導していましたが、これはダメです。猫背の人はこれができても、続きません。「上を意識する=筋力を上に使う=すぐに疲れる」トレーナーの方々は姿勢が良い
6位 kubojoさん
  • 情報提供では、何を見ていたの? 窪田テニス教室kubojoさんのプロフィール
  • 先日、隣のコートで他のコーチがレッスンをしていました。盗み聞きするつもりはないのですが、そのコーチは声が大きいので何をアドバイスしている言っているのかがはっきりわかりました。生徒がミスヒットする度に、「もっとボールをよく見て!」「集中してないからボールから目が離れている」といいう内容の言葉を発している。レッスン中、こればかり。生徒は動き方が下手(構え遅れ+二度引き+右腕を身体の後ろに引く)だからミ
7位 アクト山田さん
更新時刻:17/12/18 15:30現在