テニス上達法 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/12/18 15:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
メンタルコーチさん
  • 情報提供脱力してテニスをするとは? Feeling Tennis「メンタルアプローチで上手くなる」メンタルコーチさんのプロフィール
  • テニスでは「脱力が非常に大切」と言われます。確かにテニスに限らず、一流の選手たちの動きには力みが見られず、常に脱力した滑らかな動きで精度とパワーを両立させたパフォーマンスを見せてくれます。このような動きを見ていると脱力する事がとても大切である事が分かります。ですが、残念ながら、脱力の意味を勘違いしている方が非常に多いように思います。結論から言うと、脱力とはただ、筋肉の力を抜けば良いのではありません

2位
オヤジAさん
  • 情報提供C県オヤジ選手権QF 今日も懲りないオヤジAオヤジAさんのプロフィール
  • 昨日はC県オヤジ選手権QF、相手は上位シード、今年の全日本オヤジ選手権本戦選手のT君、初対戦でした。最寄り駅のS駅から2kmほど離れたコートに向かって歩いていたら、ジョギング時に時々生じる違和感が左膝に・・・筋を違えた感じです。壁打ちしていても痛くて、体重を左足にかけられないし、走れないかもしれない・・・と思ったのですが、試合前に柔軟体操をしていたら、何と違和感も痛みも霧散しました←1日1 でオヤジA

3位
ryomeiさん
  • 情報提供【片手バックハンド】攻撃的ショットを打つ為のスイング軌道 テニス上達奮闘記〜試合に勝ちたいぞ〜ryomeiさんのプロフィール
  • 試合中相手を追い込む展開が作れても上手くバック側へ返球されてしまうと、そこからの展開力(攻撃力)がない為、体勢を五分に戻されたり逆に攻め込まれてしまうことが良くあります。エースはいらないけど、バックハンドでも相手をしっかりと追い込むことができるショットを習得する為に、「脱力してスイングスピードを上げる」とか「打ち終わった後にラケッドヘッドを返す」等を試してみました。(フェデラーやディミトロフをイメー
4位 メンタルコーチさん
  • 情報提供テニスの骨の使い方 Feeling Tennis「メンタルアプローチで上手くなる」メンタルコーチさんのプロフィール
  • 今回は骨の使い方について少しお話ししたいと思います。インパクトの時に身体がボールから受ける衝撃は私達が想像している以上に大きい物です。当然の事ですが、相手のレベルが上がるとその衝撃の強さはより大きくなります。この衝撃に自分の身体が崩されるとタイミングを合わして打ったとしても、ラケット面がぶれたり、腕、手首に誤差が生じて、ボールはイメージ通りにコントロールする事が出来なくなります。また、ボールの勢い
5位 杉本アリスさん
  • 情報提供ダブルス戦術の質を上げるべくショットの質を上げる! 週末プレイヤー向けプライベートレッスン活動記杉本アリスさんのプロフィール
  • いつも格安オンラインレッスン、プライベートレッスン、グループレッスンのお申込みありがとうございます。さて先週末、ラストのテニスのプライベートレッスンは3名様のグループレッスン。東京の墨田区で。いつもは4名様のレッスンなのですが、今回はおひとり様は雪山へレッツゴーしてしまったので、3名様で。この4名の生徒様は元々ミックスダブルスの戦術やポジショニングなどを知って勝ちたいという希望でレッスンを始めた方
6位 ryomeiさん
  • 情報提供肩の痛みを治す!簡単トレーニングとマッサージ方法をご紹介 テニス上達奮闘記〜試合に勝ちたいぞ〜ryomeiさんのプロフィール
  • このブログで何度か肩の痛みについてとりあげていますが、ここ数年右肩の痛みとお付き合いしています。幸い日常生活にはあまり影響ない程度の症状ですが、趣味のテニスやランニングでは強い痛みを感じることがあり、なんとか完治させるため、効きそうな運動やマッサージを実践しています。最近行っている壁を使った簡単なトレーニングとローラーを使ったマッサージが私の身体にあっているのか、痛みが緩和してきているので、その方
7位 レンドルれんどるさん
  • 情報提供サーブリラックス 「テニス!真の上級者への道」レンドルれんどるさんのプロフィール
  • えーサーブですまだ自分の中で100%しっくりいっている訳ではなく最近上手くリラックスできずに調子を崩していました今までも色々試してきたのですが 思い返すとクイック イバニセビッチサーブリラックス サンプラスサーブ体幹捻りを使う ヒューイットサーブコンパクトに ナダルサーブオーソドックスにフェデラーサーブ等々 ただ無理に真似しても意味がないのでそれぞれ要素を取り入れながら自分のフィーリングに納めてフォームを
8位 オヤジAさん
  • 情報提供面を意識しない(メモ) 今日も懲りないオヤジAオヤジAさんのプロフィール
  • 昨朝はやや二日酔い気味でしたが、家で軽くトレーニングして、壁ボレー前の大股歩きと壁ボレーをしてから出社しました。帰りは壁打ちが出来ました。壁打ちは2日間出来なかったので、少し新鮮でした(笑)←1日1 でオヤジAのブログランキグ馬鹿度が上がります 【2017年壁打ち:回数380回、時間:20+40分、累計10,180分】【2017年RUN:64回、時間0分、累計1,105分】【2017年両足スクワット+両手広げ:日数146、回数0回、累
9位 オヤジAさん
  • 情報提供ビギナーズラックだった??? 今日も懲りないオヤジAオヤジAさんのプロフィール
  • 昨夜は川崎で会社の飲み会がありました。そのため、昨朝は家でトレーニングはしましたが、通常よりも50分くらい遅い時間に家を出て、久しぶりに大森まで自転車で行き、大森から電車通勤をしました。それでも通常よりもやや早い時刻に会社に着きましたが、壁ボレーも壁打ちも出来ませんでした。←1日1 でオヤジAのブログランキグ馬鹿度が上がります 【2017年壁打ち:回数378回、時間:0分、累計10,120分】【2017年RUN:
10位 ぼっさんさん
  • 情報提供試合に勝てない原因とは? 週1プレイヤーのためのテニスブログぼっさんさんのプロフィール
  • 練習では調子が良いのに、練習はたくさん積んでいるのに、試合では思うような力が発揮できずに、意外な相手に負けてしまうということはありませんか?試合に負けた瞬間はそれはそれは落ち込むことでしょう。「普段はこんなに下手じゃないのに・・・」「練習ではもっとうまくできているのに・・・」「自分の実力はこの程度ではないのに・・・」でも数日、数週間と月日が経過していくうちに、当時のショック、反省は薄れていき、気づ
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 エナジーさん
  • 情報提供この寒さにも負けず!この風にも負けず!テニスの上達を! テニス上達のコツはこれ<初級・中級目線での上達法>エナジーさんのプロフィール
  • いや〜、寒い!いや〜、風が強い!西高東低の冬型の気圧配置で等圧線が混んでいるときの寒さ!風の強さ!寒い時は、十分に体をほぐしてからプレーしましょう。風の強い時、これが問題!ストロークも、ボレーもラケットの芯から、わずかだが離れてしまう。結果は、変なボール...
12位 テニスの女王さん
  • 情報提供フットフォールトに注意しましょう 勝てるテニスをマスターしようテニスの女王さんのプロフィール
  • テニスの試合の時に、サーブの体勢に入ってからテニスボールがラケットに触れた時までに、次のような行為をするとフットフォールトになるので注意しましょう。私も、最初は緊張して、フットフォールトになった経験があります。テニスボールがラケットに当たる瞬間までは、足をベースラインの外側におきましょう。この時、足がベースラインを踏んでいたりラインより中へ入っていたらフットフォールトになります。テニスボールがラ
13位 へーまさん
更新時刻:17/12/18 15:30現在