テニス上達法 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/12/13 02:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
ryomeiさん
  • 情報提供ドロップショットを打たれまくって感じた効果と戦術 テニス上達奮闘記〜試合に勝ちたいぞ〜ryomeiさんのプロフィール
  • 先日練習してもらった相手、これまで経験したことがない程に癖が強いプレースタイルで、単純明快なプレーしかできない私は翻弄されっぱなしでした・・・どう癖が強かったかというと、フォアもバックも全部スライスドロップショットが異様に上手いボレーのタッチが神という具合で、ボールのスピードは遅いのですが自分のタイミングでボールを打つことができませんでした。打たせてもらえなかったという方が正しい表現かもしれません

2位
メンタルコーチさん
  • 情報提供イップスは精神的な問題ではない Feeling Tennis「メンタルアプローチで上手くなる」メンタルコーチさんのプロフィール
  • イップスは精神的な問題?近年、イップスで悩むプレーヤーが非常に増えています。それにつれてネット上でも様々な情報が見られるようになりました。「自分はイップスかも・・・」と悩んでおられる方は、やはりいろんな情報を探されると思います。また、こうして私のブログをご覧いただいているのもその結果だと思います。ちなみに私はネット上で見られるイップスの情報に危惧しています。と言うのはそのほとんどが精神的な問題とし

3位
オヤジAさん
  • 情報提供元に戻して再出発 今日も懲りないオヤジAオヤジAさんのプロフィール
  • 昨朝はかなり寒かったですね。家でトレーニングしてジョギングしてから、タロケンに勉強を教えて、中ノ橋で大股歩き・ジャンプストップとダッシュ、壁ボレーをしました。帰りは白金公園で壁打ちをした後、家に帰ってゆっくりしました。朝ジョギングすると、まだ元気だからちょっと余分に走れるし、夜が楽だから良いですね。←1日1 でオヤジAのブログランキグ馬鹿度が上がります 【2018年壁打ち:回数371回、時間:15+4
4位 よねさん
  • 情報提供新たな目標 いっぽにほ テニスブログよねさんのプロフィール
  • 新たな目標ができた! 約6年前に出場したロードレース大会にエントリー 目標はそのタイムを超えること!と思ったら、練習であっさりとクリアした ってことは、6年前と比べて体力が落ちていない、ってこと!むしろ、向上している、ってことだ! ということで、目標タイムを5キロ20分に設定した あと2分も上げるのは、チョット厳しいかな? と言いつつ、本当の目標は、中学の部活で走り込んでいる息子に勝つことだ! 息子も部
5位 オヤジAさん
  • 情報提供打球面を伏せたまま近づける? 今日も懲りないオヤジAオヤジAさんのプロフィール
  • 昨朝は家でトレーニング&ジョギングの後、タロケンに勉強を教えて、中ノ橋で大股歩き・ジャンプストップとダッシュ、壁ボレーをしました。夜は、小雨だったのでナイターテニスを中止にして、壁打ちを長めにしました。←1日1 でオヤジAのブログランキグ馬鹿度が上がります 【2018年壁打ち:回数373回、時間:20+70分、累計10,005分】たとえ1分でも2018年は毎日走る【2018年RUN:335回、時間15分、累計3,389分】【2018年
6位 オヤジAさん
  • 情報提供手首コックの重要性 今日も懲りないオヤジAオヤジAさんのプロフィール
  • 火曜日の飲み会の関係で自転車を会社付近に置いてきたため、昨朝は、電車通勤、壁ボレーなしが確定していました。それゆえ、通常よりも30分くらい余裕があったので、昨朝は家でトレーニングしてからジョギングし、タロケンに勉強を教えてから電車で出社しました。帰りは白金公園で壁打ちをした後、家に帰ってゆっくりしました。家に帰ってからのジョギングはかなり辛いので、可能な限り、朝、走りたいですが、なかなか厳しいです。
7位 ryomeiさん
  • 情報提供打球感の柔らかいポリエステルストリング おすすめ 6選 テニス上達奮闘記〜試合に勝ちたいぞ〜ryomeiさんのプロフィール
  • ここ最近、テニスメーカ各社がポリエステルストリングを次々と作り出していて、かなりの種類の「ポリガット」が販売されています。昔々ポリガットが出たての頃張ってみましたが、硬い(打球感が悪い)飛ばないとあまり好きではありませんでした。抜群の耐久性で全然切れないので、お財布には優しいんですけどね。現在は技術が発達し、課題だったポリガットの打球感がかなり良くなってきて、ナイロンガットと遜色ない打球感のも販売さ
8位 メンタルコーチさん
  • 情報提供テニスが強くなる練習の取り組み方 Feeling Tennis「メンタルアプローチで上手くなる」メンタルコーチさんのプロフィール
  • 今日は練習への取り組み方についてお話しします。テニスの練習は世界中どこに行ってもそれほど大きな差はありません。球出しの基本練習をして、ラリーをして、ゲームをするだけです。これはトッププロ達も同じです。何か特別な練習方法を経験したからプロになったわけではないのです。にもかかわらず練習の成果には人によって違います。では、なぜ、こんな差が生まれてくるのか?その大きな原因の一つが練習の取り組み方です。同じ
9位 よねさん
  • 情報提供テニスバッグ いっぽにほ テニスブログよねさんのプロフィール
  • 息子のテニスバッグ 今までは、ラケット1本の小さなリュックタイプだったけど、ラケットは何本も、その他一式入れられる大きなタイプに変更 外見だけは、いかにもテニスやってます感が伝わります ってか、オレのバッグよりデカイじゃん!うらやましい… JUGEMテーマ:テニスやってる人の日記
10位 大島コーチさん
  • 情報提供ミスのマネージメント(3209) Memory Board大島コーチさんのプロフィール
  • (改訂版:強くなりたいあなたに贈る100の法則17)大きくリードしていたのに、気を抜いたようなショットを打って、それがミスショットになり、相手に反撃のチャンスを与えてしまった(大逆転を許した)ということは多くの人が経験しています。でも、大切なことは、気を抜いたようなショットを打ったということではなく、そのミスに捉われて自信を失ってしまい、焦り、自分のペースが大きく乱れて負けてしまったという点にあります
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 よねさん
  • 情報提供もっと前で いっぽにほ テニスブログよねさんのプロフィール
  • 週末、テニスの予定がなかった 久しぶりに家族で買い物、時間が余った隙に壁打ちへ 午前中のお風呂掃除で腰が痛いでも、打ちたい 心と身体が一致していない なかなかスッキリしない練習を続けていたが、徐々にギアが入ってきた 最近の課題、気持ち分だけ前で捉えることを意識 もっと前で、もっと前で、と唱えながら打っていると、自然と体も動くようになってきた 寒かったけど、最後の追い込みで汗だくだ JUGEMテーマ:
更新時刻:18/12/13 02:30現在