テニス上達法 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/06/21 20:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
オヤジAさん
  • 情報提供まず内旋状態を作るサーブ 今日も懲りないオヤジAオヤジAさんのプロフィール
  • 昨朝は家でトレーニングした後、中ノ橋で大股歩き・ジャンプストップとダッシュ、壁ボレーをしました。少しだけ、日曜日の疲れが取れました。夜は、2kgの重りを腹に巻いて入船公園をジョギングで周回した後、重りはそのままで、Wさん、M君とナイターテニスをやりました。←1日1 でオヤジAのブログランキグ馬鹿度が上がります 【2018年壁打ち:回数181回、時間:20分、累計5,000分】たとえ1分でも2018年は毎日走る【201

2位
Z(ゼット)さん
  • 情報提供S①②「プロネーション」から「G返し」へ 「異次元テニス」をめざしてZ(ゼット)さんのプロフィール
  • ①「プロネーション」の支点サーブでの「G返し」の「重心(G)」はどちらでしょうか?左の「上G]か、右の「下G]か?  ↑ 赤い点が「G返し」での「重心(G)」です。  **********今まで、本当に長い間、サーブにおいて一番重要な動きは「プロネーション」だと思っていました。「プロネーション」によって、ヘッドの左側がボールに「ミート」する瞬間、「全パワー」「全体重」を「ヘッドの左側」に「乗せる

3位
テニスの女王さん
  • 情報提供レシーブの位置(シングルス) 勝てるテニスをマスターしようテニスの女王さんのプロフィール
  • シングルスの場合のレシーブの位置は、左右どちらにも動けるように正面に構えます。試合をしてもわかると思いますが、ファーストサーブはサービスエースを狙った速いボールがくるので、ベースラインより少し後ろに構えます。セカンドサーブは、フォールトしてしまうとダブルフォールトになりますので、スピードを落としたサーブが来ます。セカンドサーブでは、ベースラインより内側に構えるようにします。軽いフットワークで動ける
4位 オヤジAさん
  • 情報提供投球フォームに似せる 今日も懲りないオヤジAオヤジAさんのプロフィール
  • 昨朝は、前日の重り付きジョギングとナイターテニスの疲れが残っていました。家で軽くトレーニングした後、中ノ橋では壁ボレーだけをしました。帰りは白金公園で壁打ちが出来ました。その後、家に帰ってから、傘をさしてジョギングをしました。←1日1 でオヤジAのブログランキグ馬鹿度が上がります 【2018年壁打ち:回数183回、時間:20+30分、累計5,050分】たとえ1分でも2018年は毎日走る【2018年RUN:171回、時間5分
5位 オヤジAさん
  • 情報提供マジで良いかも? 今日も懲りないオヤジAオヤジAさんのプロフィール
  • 昨朝はかなり疲れが残っていたので、家でのトレーニングは軽めにした後、中ノ橋でも回数を少なめに大股歩き・ジャンプストップとダッシュをして、壁ボレーをしました。帰りは雨が降りましたが、白金公園で壁打ちが出来ました。その後、家に帰ってから、傘をさして少しだけジョギングをしました。←1日1 でオヤジAのブログランキグ馬鹿度が上がります 【2018年壁打ち:回数180回、時間:20+30分、累計4,980分】たとえ1
6位 田上庭球塾さん
  • 情報提供薄く広く→深堀徹底 <女子連テニス>上達のカギ田上庭球塾さんのプロフィール
  • 「<女子連テニス>のシフト変換キーワード」 ふたつめは、 ”薄く広く”→”深堀徹底”です! 結局のところ、試合本番では、 ”自信がある技術”しか使えません! 自信がつくまで、繰り返し練習するしかありません! 理屈なんかいりません!知らなくても打てればいいんです! いろんな技術が使えるほうがいいに決まってますが、 どれも”自信のない”ものばかりでは、試合で使いようがないわけです! スクールでちょっと教わって
7位 よねさん
  • 情報提供噛み合わない いっぽにほ テニスブログよねさんのプロフィール
  • しっかりとした雨の水曜、梅雨らしい もう凄い湿気で、汗だくのレッスンとなりました 昨日のレッスンメニュー1.ショートラリー&ボレーボレー2.球出しからストローク3.ローボレー&チャンスボレー4.スマッシュ&グランドスマッシュ5.クロスラリー6.ボレーストローク7.コーチサーブからゲーム8.生徒サーブからげーむ9.ゲーム 体はよく動けているが、なんとなく、ボールと噛み合っていない感じレッスンの最初か
8位 ryomeiさん
  • 情報提供【HEAD】グラフィン360 スピードMP インプレッション テニス上達奮闘記〜試合に勝ちたいぞ〜ryomeiさんのプロフィール
  • #瞬き厳禁360 をキャッチフレーズに先行モニター抽選で当選した方々が続々と情報をアップしていて、非常に気になっていた HEADの新型スピード。打球感が柔らかくて、いい感じです。自分の思ったとおりに飛んでいくので、ストレスフリーで打てます。#瞬き厳禁360 pic.twitter.com/ezforWiDrF― Schall (@Dominator326) 2018年5月19日HEAD 新型スピード グラフィン360スピード情報2018.05.19先日発売開始となりやっと私も打つことが
9位 よねさん
  • 情報提供後手後手 いっぽにほ テニスブログよねさんのプロフィール
  • 初戦をフルセットで粘って体力勝ちして迎えた次戦第2シードとの対戦でしたが、相手がデホ まぁ、勝ちは勝ちってことで割り切って、準決勝SFまで勝ち上がれた! 相手はオレよりランク上の相手JOP大会では珍しい7部丈パンツのハイソックス トスでリターンを取り、相手のサーブそれなりに速いが、コースは厳しくないしかし、セカンドはしっかりとしたスピンデュースで粘ったが、ブレイクできず オレのサービス調子は悪くない、むし
10位 ryomeiさん
  • 情報提供元全日本選手直伝 フォアハンドの「タメ」と「間」の作り方 テニス上達奮闘記〜試合に勝ちたいぞ〜ryomeiさんのプロフィール
  • By: Tim Schofield私のテニスあるあるのひとつ「フォアハンドが迷子」事案。当たりの感覚が悪くパワーが乗っている気がせず、さらに弾道も不安定という状況。しかも今回はどこか遠くの方まで行ってしまったみたいでなかなか帰ってきてくれません。スイング軌道をレベルスイング気味にして厚い当たりを意識脱力をして身体のパワーをボールに乗せるなど、思いつくところを試してみても効果はいまいち・・・そんな中幸運なことに元全
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 ぼっさんさん
  • 情報提供草トーに出ました 週1プレイヤーのためのテニスブログぼっさんさんのプロフィール
  •  先日の土日に草トーナメントに出て来ました。白子フェスティバルと言って、全国でも3本の指には入る規模のダブルスの大会です。新年度に入ってから引っ越しがあったということもあり、昨年の秋より通ったスクールはやむなく退会することになりました。新生活が始まってからはずっとバタバタ、友人の結婚式もあったのでテニスをする機会はぐっと減りました。 実は5月にも試合に出たんですが、結果はぼちぼち。団体戦でしたが、最
12位 オヤジAさん
  • 情報提供修行のような1日 今日も懲りないオヤジAオヤジAさんのプロフィール
  • 昨朝は早く家を出て、海老名市まで行き、実業団の第3戦でした。結果は、単No.1のオヤジAが6-2、6-4、単No.2のI君が3-6(?)、5-5(相手痙攣でデホ)の2つが勝っただけで、その他は全滅でした。オヤジAとI君のダブルスは、相手は絶好調で、何と0-6、0-6で負けてしまいました。ダブルスでこのスコアは人生初です。その後家に帰り、約束していたMさんの職場コートに行き、後輩のTとオヤジA家でテニスしました。疲れ果てていましたが、練
13位 メンタルコーチさん
  • 情報提供見る?視る?観る? Feeling Tennis「メンタルアプローチで上手くなる」メンタルコーチさんのプロフィール
  • 今日のテーマは「五感」です。テニスは五感を磨かなければ上達する事はできません。逆に言えば、伸び悩んでいる時は「五感が磨かれていない」と言う事もできます。では、テニスで「五感を磨く」とはどういう事か?例えば、視覚。視覚は外界を見る為の感覚です。一口に「みる」と言っても、「見る」「視る」「観る」と違う感じがあります。これは、「みる」為に必要な注意力の違いを表しています。また、同時にその注意力の違いによ
14位 ryomeiさん
  • 情報提供アイロン掛けはむしろ非推奨!ノーアイロンシャツ「i-Shirt」の評価とレビュー テニス上達奮闘記〜試合に勝ちたいぞ〜ryomeiさんのプロフィール
  • テニスのことばかり書いているブログですが、私の本業は会社員なので普段はワイシャツ着て出勤しています。日々ワイシャツを着ていく上で最も面倒臭いのが、「アイロン掛け」です。管理人アイロン掛けはしなくても着られますが、シワシワのまま出勤するのもちょっと微妙ですよね・・・アイロン掛け不要がウリの「形態安定シャツ」を今までいくつか試しましたが、本当に形態安定なん??と思う位シワができてしまい残念な思いをして
15位 田上庭球塾さん
  • 情報提供理想→現実 <女子連テニス>上達のカギ田上庭球塾さんのプロフィール
  • 2012年に、そのときのたがみコーチの考え方をまとめた「<女子連テニス>概論」ってのが、あります!この改訂版を何回かにわけてブログします!その1「理想→現実」シフト変換テニスの試合って、 相手がいるスポーツなんで、 じぶんの理想をやることが、そもそも難しいわけです! 試合の現場で、 理想を追いすぎると、 現実が観えにくくなります。 ポイントを取っているのに、 じぶんの理想どうりいかなかったと、 ギャップを感じ
16位 メンタルコーチさん
  • 情報提供見る?視る?観る? Feeling Tennis「メンタルアプローチで上手くなる」メンタルコーチさんのプロフィール
  • 今日のテーマは「五感」です。テニスは五感を磨かなければ上達する事はできません。逆に言えば、伸び悩んでいる時は「五感が磨かれていない」と言う事もできます。では、テニスで「五感を磨く」とはどういう事か?例えば、視覚。視覚は外界を見る為の感覚です。一口に「みる」と言っても、「見る」「視る」「観る」と違う感じがあります。これは、「みる」為に必要な注意力の違いを表しています。また、同時にその注意力の違いによ
17位 田上庭球塾さん
  • 情報提供理想→現実2 <女子連テニス>上達のカギ田上庭球塾さんのプロフィール
  • 要するに 、”正しいフォーム”を求めすぎない! ってことです! ”正しい”より”じぶんに合っているか?”がポイントです! しばらくやってみて、なんか”ピンと”こないなぁ〜。 っていう場合は、 あなたにとって、その”正しいとされているもの”が、合っていないことなのかもしれません! 「4スタンス理論」の有効性はともかく、 少なくても、この理論に接してきて、 「やっぱりタイプってものがあるんだな〜!」 ということ
18位 ぼっさんさん
  • 情報提供”小指を外す”ということ 週1プレイヤーのためのテニスブログぼっさんさんのプロフィール
  • 「一流選手の動きはなぜ美しいのか」シリーズです。一流選手の動きはなぜ美しいのか? | 週1プレイヤーのためのテニスブログこの本は、主に野球やサッカーの動きを例に「一流選手の動きはなぜ美しいのか」ということについて人体の仕組みから解説していますが、それらをテニスに当てはめた時に、共通していたり応用できたりするポイントを私なりに説明しよう、という趣旨です。さて、今回は”小指を外す”ということですが、まずは
更新時刻:18/06/21 20:30現在